COMPANY西日本ミシンの歴史

「焼けたミシン」STORY

昭和8年、創業者の中村調義(現社長の祖父)が中村ミシン商会を設立。
戦後の昭和21年、焼失した縫製工場に調義が呼ばれ、ミシンの修理を行った。
修理代の対価として受け取ったのは「焼けたミシン」。
それらをきれいに修復して販売したところ、飛ぶように売れた。
それを機に、ミシンを仕入れて販売するというビジネスモデルを確立。
当社の歴史は、この「焼けたミシン」から始まったと言っても過言ではない。

西日本ミシンの歴史
昭和8年
7
福岡県直方市に中村ミシン商会設立
昭和23年
7
福岡県飯塚市吉原町に合資会社中村ミシン商会設立
昭和27年
8
合資会社中村ミシン商会を西日本ミシン株式会社に変更
昭和47年
3
福岡市舞鶴に福岡店を開設
昭和49年
9
西日本ミシン販売株式会社に変更
昭和50年
2
熊本県熊本市水道町に熊本支店開設
昭和53年
8
福岡店を西日本ミシン福岡ビルとして新築し、5階に本部を設置
昭和54年
9
渋谷駅東口に渋谷店及び関東ベース開設
昭和55年
9
飯塚店を西日本ミシン飯塚ビルとして新築し、2階に本部を移転
昭和60年
7
横浜市西区南幸町に横浜店開設
昭和61年
10
卸売販売開始
西日本ミシンの歴史
平成元年
11
西宮市六湛寺町に西宮店開設
平成9年
3
本社を福岡県飯塚市八木山に移転
平成12年
4
福岡県大野城市緑ヶ丘に大野城店開設
平成13年
9
熊本店を熊本市東区市下南部へ移転
平成17年
3
インターネット部門を立ち上げ、販売開始
平成19年
3
西宮店を田代町に移転
平成19年
3
関東ベースを港区に移転し東京営業所に名称変更
平成23年
5
東京営業所を千代田区神田神保町に移転
平成24年
1
本社を飯塚市柏の森601-5へ移転
本社・営業部・商品管理センターを統合
平成29年
11
西宮店を増床
令和元年
7
社会貢献活動の一環として
旧八木山本社の建物を、オズこども美術館に提供
令和元年
11
NECCHI社の国内総代理店となる